ハクビシン忌避剤を利用して追い出す

ハクビシンという動物によって、家屋や農作物、健康被害が出ることがあります。
ハクビシンは体長が50cm程で、尻尾も入れると1mにもなりますが、体重は3kgから5kgと軽く、木登りやジャンプ、電線の上を歩くこと、壁を登ることなどもできます。

そのため、民家や倉庫などに侵入してしまうのです。


侵入して、断熱材を利用して巣を作ったり、フンや尿をするので家が傷んでしまうのです。特にハクビシンはトイレを決めてフンする習性があるので、屋根裏の一部分が腐ったり、そこから害虫が発生することもあります。



ハクビシンが持ち込むダニやノミなどによる健康被害も起きてしまうのです。



ハクビシンは雑食性で農作物を食べる被害もあります。



特に甘い果物が好きで、果樹園でも被害が出ます。
ハクビシンの対策の一つに、「ハクビシン忌避剤」を使用する方法があります。ハクビシン忌避剤には、シートタイプと土にばらまくタイプがありますが、どちらもハクビシンが嫌う唐辛子のニオイが使われています。
シートタイプでは、色やシートが揺れることで警戒させる効果もあります。これらのハクビシン忌避剤は設置が簡単という特徴がありますが、屋根裏に設置する場合は、新たに侵入されないように侵入経路をふさぐ必要があるのです。また、家に飛び移れるような木の枝や、隠れられる雑草や枯れ葉を取り除くことでも、警戒させ侵入を防ぐことができます。


ニオイのする忌避剤の他には燻煙剤の使用も効果的です。

top